体験談 雑記

高知県から千葉県までヒッチハイクをしてみた感想

どうもなおきです!今回は高校生の時からやってみたかったヒッチハイクをやってみた感想を書きたいと思います。


また、本記事で書かせていただいている内容はかなり大雑把な事実描写であり、自分の感情の部分や細かい内容等は書いておりません。


ですので、もしこのヒッチハイクに関して興味のある方がいれば、ぜひぜひ「お食事等」のお誘いお待ちしておりますのでお気軽にお声掛けください(*^▽^*)

高知から岡山編

まず実家である高知県を出発し、岡山にある友達の家に向かいました。


最初は家の近くの大通りで「高速道路」と書いたプラカードを掲げていました。


ヒッチハイクをするまでは


「プラカードをあげるなんて別に恥ずかしくもなんともないし余裕だろ」


と思っていたのですが、めちゃくちゃ恥ずかしかったです(笑)


しかし、なかなか車が通らなかったこともあり近くにいる人やコンビニにいる人に声をかけることにしました。


すると声をかけること3人目で無事に乗せていただくことができました。


生まれて初めてのヒッチハイク、こんなすぐに乗せてくれる人って見つかるんだ!と驚きました(笑)


その方にはインターまで車で10分程度のところに降ろしていただきました。


その後、そこから車が止まれそうなところを探しプラカードを掲げてインターまで行こうとしていました。


プラカードを掲げている最中、車の中の人と目が合い、ガソリンスタンドの方にその車が入っていったので追いかけ、お願いするとインターまで乗せてくださることになりました。


インター下のコンビニで降ろしてもらったあと、またプラカードを掲げていたのですがここまでの経験でプラカードを掲げるより声をかけた方がはるかに乗せていただけることに気づいたのでコンビニで声をかけることにしました。


コンビニで声をかけること10人ほどで、出張で高知に来ていた方に香川まで乗せていただきました。


香川のインターで降ろしていただいた後、ひたすら声掛けヒッチハイクをしていたのですがまず全く岡山方面の車がなかったです。


およそ100人以上に声をかけた時についに岡山に向かう方と出会うことができ、ここぞとばかりにお願いをしました。


結果、その方に岡山駅まで乗せていただいたあと徒歩で友達の家まで行くことができました。

岡山から大阪編



岡山に2泊したあと大阪の友達の家に向かいました。


岡山の友達の家から大通りまで出た後、インターまでと書いたプラカードを掲げ、待つこと3分、1台の車に乗せていただけることになりました。


その後インター下に降ろしていただいたのですが、あいにくの雨だったため、30分程度の雨宿りをしたあと雨が止んだのでヒッチハイクを開始。


プラカードを掲げること1時間。ついに乗せていただきました。


しかし、インター下にも関わらずまさかの高速道路に乗らない(笑)


どんどん山の方に進んでいきました。


そんなこんなでお昼ご飯を奢っていただいたりたい焼きを奢っていただいたりしながらかなり山の中で降りることになりました(笑)


あまり車も通らず、姫路方面に行く車もほとんどないんじゃないかというところで野宿の覚悟を決めました。


そんな中、コンビニで声掛けヒッチハイクをしていたのですがなんとまさかの3人目で姫路方面に行く方に乗せていただけることになりました!!


姫路の方まで乗せていただいた後、インター下でヒッチハイクをしていました。


そのインター下にはコンビニはなく、車が止まれるところも少なかったですがなんとか場所を見つけてプラカードを掲げていたのですが一向に乗せてくださる気配はなく、さらに天気も徐々に怪しくなっていました。


その場で踊ってみたり目のあったドライバーの方に声をかけてみたり、信号待ちのドライバーの方の目をじっと見たり色々していたのですが乗せていただけず、2時間ほどが経過しました。


もうこの辺でカプセルホテルでも見つけて寝ないといけないのかなと思った時に、一台の軽トラが止まってくれました。


「何してるの?」


とドライバーの外国人


「大阪に行きたいんですが、乗せてくれませんか?」


と僕。


その軽トラは助手席にもう一人乗っていたので乗ることができず、どこに乗るかというと後ろしかありません。


・このチャンスを逃したらいつまた乗れるチャンスがくるかわからない
・後続の車が来ているのですぐ乗るか乗らないか決めないと迷惑がかかる


ということでそのまま軽トラの後ろに乗ってしまいました。


そのまま軽トラの後ろに乗ったまま高速道路に突入。(法律違反です)


最初は今までにない体験で超興奮していたのですが、


・運転手の人とコミュニケーションが取れないこと
・前に乗っている2人が外国人であること
・車がどこに向かっているか把握していないこと
・落ちたら死ぬという恐怖
・警察に捕まるんじゃないかという恐怖


この5つが混じって超怖かったです。


結果、死ぬことはなく、途中で前に乗せてもらい、一番近くのサービスエリアに降ろしていただくことができました。


この辺の話はまた個別にお話しできたらなーと思います。


その後はサービスエリアで数人に声をかけ大阪の友達の最寄り駅まで乗せていただき、徒歩で友達の家まで到着しました。

大阪から愛知編

大阪で約1週間の滞在をした後大阪から愛知の友達の家まで向かうことにしました。


大阪の友達の家から大通りに出たあと、プラカードを掲げていたのですが、少しして場所が悪いと思い歩いていると横で車が止まってくださり


「さっきプラカード見たけどなんて書いていたかわからなかったけどどこまで行くの?」


と声をかけていただき、結果、京都まで乗せていただけました。


京都のサービスエリアでプラカード 兼 声掛けヒッチハイクをしておそらく20分程度で声掛けした方に乗せていただくことができました。


その後、名古屋のサービスエリアで1時間半ひたすら踊りながらプラカードを掲げていました。


結果、その方にも友達の家の近くまで乗せていただき、無事到着しました。

愛知から神奈川編

愛知で2泊したあと、下宿先である千葉県の方に向かいました。


愛知県のインターの下まで歩いて行き、プラカードを掲げていたのですが、ことごとくドライバーの方に無視をされるため全力笑顔で手を振ることにしました。


そうすると何人かのドライバーさんには手を振ってくれたり、笑ってくれたり、中には声をかけてくださる方もいて、乗せていただけなくとも元気をいただけました。


そうこうするうちに2時間ほどが経ち、ついに乗せていただくことができました。



その後静岡のサービスエリアで降ろしていただき、1時間半ほどプラカード兼、声掛けをしていると1人の方が声をかけていただき乗せていただくことができました。


ヒッチハイカーマナーでは、乗せていただいた後車中で盛り上げるためにいろいろな話をすることのですが、その方はあまり話をすることに積極的でなかったので聞いてみると、車ではリラックスをしているから別に非積極的なわけではないとのことでした。


「例で言うと、美容院にいって店員さんに話かけられている感じ」


と言っていたのでなんとなく感覚がわかりました。


その方自身もヒッチハイクをした経験があり、話相手が欲しいということではなく、過去に乗せていただいた恩返しとして乗せてくださったとのことでした。


そうして高速を降り、神奈川の湘南の方に降ろしていただきました。


その後、場所を変えながらヒッチハイクをしていたのですが、その時にはすでに午後7時を回っていました。


そこでプラカードを掲げていると、近くで飲んでいた方に声をかけていただき、なんと家に泊まらさていただけることに!


その飲んでいた場所というのが神奈川県藤沢市の「たこ焼き 風天」というたこ焼き屋の前です(笑)


少しだけご一緒させていただき、たこ焼きもごちそうになりました。いかつい方ばかりでしたが、とても良い方ばかりでした。


ちなみにこちらのお店「ドクターX」で使われたお店でもあるそうです。



風天さんのたこ焼き 500円

一緒に写真撮影していただきました

ドクターXでのシーン

神奈川から千葉編

一泊お世話になった後、千葉に向けて出発しました。


泊めてくださった方に風天さんのたこ焼きをごちそうしていただき、さらに朝ごはんまで奢っていただき、加えて車通りの多いところまで送っていただきました。


その後ヒッチハイクをすること2時間半、なんとか乗せていただくことができました。


その後、横浜で降ろしていただき、次に、コンビニで3人ほどに声をかけ乗せていただき、次にもう少し進んだところのコンビニで1人の方に声をかけた結果、東京の上野まで到達することができました。


藤沢市で2時間半乗ることができなかったのが嘘かのように上野まで着くことができました。


その後、上野で5分ほどプラカードを掲げて乗せていただけ、なんと下宿先の前まで乗せてくださり、無事部屋まで到着することができました。


ヒッチハイクまとめ

この記事はヒッチハイクがどのような感じで進んだのかの全体象について書かせていただきました。


もし興味のある方はぜひ一緒に食事でも行きましょう!


今回のヒッチハイクでは実質移動日数5日、交通費0円、総移動距離約850km、計19台の車に乗せていただき、約10人の方とSNS交換もさせていただきました。


乗せていただいたドライバーの皆様、本当にありがとうございました!!


-体験談, 雑記

© 2021 なおきの個人ブログ Powered by AFFINGER5